特集

意外と簡単?会社設立に必要な手続きと設立までにかかる期間

会社設立が完了するまでに必要な手続きとして、「定款の作成と認証」「資本金の払い込み」「登記申請」の3つが挙げられます。しかし、どのような手続き内容なのか、どのくらいの日数がかかるのか知らない人も多いのではないでしょうか?

今回は、会社設立が完了するまでの「定款の作成と認証」「資本金の払い込み」「登記申請」のフローと要する時間について解説していきます。

定款の作成と認証

会社設立には、定款が必要になります。

定款とは

定款とは、どんな規則に基づいて会社が事業を行っていくのかまとめたものです。定款には、会社の商号や事業内容、機関設計、住所などといった基本的な情報だけでなく、会社の指針となるさまざまな内容が記載されています。

会社法では、定款に記載する必要がある絶対的記載事項と、必要に応じて記載を行う相対的記載事項が定められています。記載が抜けていると、作成した定款が無効になって、会社設立の申請ができなくなるので注意しましょう。

定款の認証とは

定款の認証とは、定款の内容が正しいものであるかを公証人に証明してもらうものです。定款の認証は、本社の住所地にある公証役場にて行います。認証には以下が必要になります。

  • 定款3通
  • 発起人全員の印鑑証明書
  • 発起人全員の実印

定款は、公証役場の保存用、会社の保存用、登記申請用のそれぞれ1通ずつです。また、印鑑証明書は、それぞれ1通ずつ発行から3か月以内のものが必要であるほか、実印は、定款に修正がある場合に必要になります。

定款認証には、費用が発生するほか、平日しか受け付けていないなど手間と費用がかかります。速やかに行いたい場合には司法書士などに依頼するのも1つの手段と言えるでしょう。

資本金の払い込み

「資本金を集めて持っているだけではダメなの?」と思った人もいるのではないでしょうか?資本金は、銀行口座に入れて「実在する」ということを証明する必要があります。

資本金の払い込みの流れと注意点について見ていきましょう。

資本金払い込みの流れ

資本金を払い込む際には、まだ法人の口座が存在していないため、まずは発起人個人の銀行口座が必要です。

銀行口座に、資本金を振り込みます。なお、会社設立のために、新たに銀行口座を開設する必要はなく、発起人が現在使用しているもので問題ありません。資本金の振り込み完了後は、

  • 表紙
  • 表紙裏
  • 振り込み内容

が記載されているページの3か所をコピーします。

続いて払込証明書を作成しますが、以下の7つの項目を記載する必要があります。

  • 払込金額の総額
  • 払込の株数
  • 1株の払込金額
  • 日付
  • 本店所在地
  • 会社名(商号)
  • 代表取締役氏名

最後に、払込証明書を一番上にして、通帳コピーの表紙、表紙裏、振り込み内容が記載されているページの順にとじて、資本金払い込みが完了です。

資本金払い込みの注意点

銀行に指定はありませんが、通帳のコピーが必要になるため、通帳を発行している銀行である必要があります。

また、資本金の振り込みは、定款認証日以降でないと登記書類を法務局で受理してもらえない可能性があるので注意しましょう。

登記申請

定款の作成と認証、資本金の払い込みが終わったら、いよいよ登記申請です。登記申請にも必要なものがあるため、事前に準備しておく必要があります。

登記申請に必要なもの

登記申請に必要なものは以下の通りです。

  • 登記申請書
  • 登録免許税の収入印紙を貼付したA4用紙
  • 定款
  • 発起人の決定書
  • 取締役の就任承諾書
  • 代表取締役の就任承諾書
  • 監査役の就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書
  • 資本金の払い込みを証明する書類
  • 印鑑届出書
  • 登記事項を保存したCD-RもしくはFD

これらを全て準備して初めて登記が完了します。不備があると修正が完了するまで登記手続きが終わらないため、しっかり準備しましょう。

会社設立までに要する日数は?

これらの必要な手続きを全て終えるにはどのくらいの日数がかかるのでしょうか?会社設立までに要する日数について見ていきましょう。

法務局が混雑しているかどうか

会社設立に要する期間は、提出書類の準備や作成がスムーズだったとして2週間前後と言われています。

法務局が混雑している場合には、さらに時間を要する場合があります。会社設立をなるべく早く行いたい場合には、混雑している時期を避けるほか、専門家に依頼して速やかに書類を作成してもらうのも1つの手段と言えるでしょう。

まとめ

会社設立には、必要な手続きとして「定款の作成と認証」「資本金の払い込み」「登記申請」の3つがあります。

手続きに必要なものはそれぞれ異なるため、速やかに会社設立を行うには、効率的に準備することが重要です。事前に何が必要なのか、何に気を付ける必要があるのかをよく確認してから手続きを進めるようにしましょう。

ご相談・ご質問など、お気軽にお問合わせください。