特集

会社設立手続きの手順と流れ

いざ会社を設立しようと思っても、時間はどれだけかかるのか、どんな書類が必要なのか、手順や流れはどうなるのか。不安な方もいるでしょう。

準備する書類が多岐にわたります。事業を展開するために会社を設立するにも関わらず、準備に時間と手間がかかってしまっては本末転倒です。さらに、株式会社であれば、最低でも21万円はかかります。

そこで、会社設立の手続きをなるべくスムーズに進める手順をご紹介します。すべてを自分でやろうとするのではなく、専門家に依頼する方法も考えてみましょう。

会社設立の必要書類

会社設立の手続きに必要となる書類や記載内容について、ご存知でしょうか?

会社設立の手続きをスムーズにするために必要な書類のほか、定款作成で重要な記載項目についてご説明します。あわせて、事業計画書やバランスシートの作成、確定申告と印鑑のコツなども解説していきます。

事前にそれらをよく理解した上で、会社設立の登録を進めていくようにしましょう。 会社設立の必要書類

会社設立にかかる期間

会社設立には、必要な手続きとして定款の作成と認証、資本金の払い込み、登記申請の3つがあります。

手続きの中身は何となくわかっていても、具体的にどのくらいの期間がかかるかわからない方も多いのではないでしょうか?

一般的に会社の登記には5日~15日程度かかりますが、事前に準備さえ整えておけば最短1日で会社を作ることは可能です。

事前に何が必要なのか、何に気を付ける必要があるのかをよく確認してから、会社設立の手続きを進めるようにしましょう。 会社設立の登記期間は何日?会社設立は最短1日でもできる?

会社設立の全手順

会社を設立したいと考えているにも関わらず、結局何から始めたらいいのか分からずに何もしていない・・・という状態の方はいませんか?

会社員から、自分で起業をしたいと考えていても、そもそもどんなものを用意したり、設立に当たってどんなことをしたらいいのか、知識が無い方がほとんどですよね。

実は、会社の手続き自体は別に難しいものではなく、事前に何をやったらいいのかについて分かっていれば、そこまで面倒なものではありません。

これから会社を設立しようと考えている方に向けて、会社を設立する際の全手順について解説していきます。 会社設立の全手順

顧問税理士とは?

会社を設立して事業をはじめると、お金や商品などいろいろなところで動きが発生します。

ある程度売り上げが確保できてくると、考えなければならないのが節税対策。ただ、税に関する専門的な知識がない人がほとんどではないでしょうか?

そこで、税金の基礎知識について説明しながら、ラクに節税するコツを紹介します。税金の種類や節税できる事例を挙げながら、ラクに確実に節税できる顧問契約について説明します。 顧問税理士とは?

起業したい人に送る起業のあれこれ

起業したいと考えている方、起業に興味はある方はたくさんいます。しかし、同時に不安を抱えている方はたくさんいます。

そんな方に向けて起業の理由や、起業にあたっての悩みや不安をまとめ、誰でもできる起業の方法、起業のアイデア、起業リスクについて解説していきます。

起業したい人に送る起業のあれこれ

学生起業家のスタートアップ

近年、大学に通いながら学業と経営を両立している若手経営者も存在します。

若い思考回路だからこそ生まれる柔軟なアイディアは、大きな利益を生みます。

学生起業では事業資金をどうするかという大きな問題がありますが、事業に使える時間が多く、可能性も非常に大きいことがメリットです。

一方で、学業に専念するだけの時間が無くなるというデメリットも存在ます。

また、卒業した後には経営者になるのか、売却するのかなどの選択肢もあります。 学生起業家のスタートアップ!メリットとデメリットは?

起業アイデアの考え方と見つけ方

起業において重要なのは、起業アイデア・技術力・営業力の3つです。

起業アイデアは重要ですが、乏しい場合には自分を見つめ直したり、市場を確認することで見つけることが可能です。

また、事業には資金が必要ですが、アイデア次第では低コストでの企業も可能です。 起業アイデアの考え方と見つけ方!起業にあたり重要視すべきこと

関連記事一覧

コンタクト

ご相談・ご質問など、お気軽にお問合わせください。