特集

会社設立手続きの手順と流れ

いざ会社を設立しようと思っても、時間はどれだけかかるのか、どんな書類が必要なのか、手順や流れはどうなるのか。不安な方もいるでしょう。

準備する書類が多岐にわたります。事業を展開するために会社を設立するにも関わらず、準備に時間と手間がかかってしまっては本末転倒です。さらに、株式会社であれば、最低でも21万円はかかります。

そこで、会社設立の手続きをなるべくスムーズに進める手順をご紹介します。すべてを自分でやろうとするのではなく、専門家に依頼する方法も考えてみましょう。

会社設立の必要書類

会社設立の手続きに必要となる書類や記載内容について、ご存知でしょうか?

会社設立の手続きをスムーズにするために必要な書類のほか、定款作成で重要な記載項目についてご説明します。あわせて、事業計画書やバランスシートの作成、確定申告と印鑑のコツなども解説していきます。

事前にそれらをよく理解した上で、会社設立の登録を進めていくようにしましょう。 会社設立の必要書類はこちら

会社設立にかかる期間

会社設立には、必要な手続きとして定款の作成と認証、資本金の払い込み、登記申請の3つがあります。

手続きの中身は何となくわかっていても、具体的にどのくらいの期間がかかるかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで、設立にかかる具体的な期間をご紹介します。それぞれの手続きに必要なものは違うので、効率的に準備することが重要です。

事前に何が必要なのか、何に気を付ける必要があるのかをよく確認してから、会社設立の手続きを進めるようにしましょう。 会社設立にかかる期間詳細はこちら

会社設立のスケジュール

会社設立しようと思っても、何から始めれば良いか、迷ってしまいませんか?

会社設立には登記が必要ですが、登記の前に基本事項を決め、定款を作り、資本金を用意し、決算日を決めるなど事前に取り決めておくことがあります。

また、登記後には税務署や年金事務所でも手続きが必要です。会社設立を行う上で、事前にスケジュールを組み、全体の流れを掴んでおくとスムーズに進みます。

はじめて会社設立する方に向けて、スケジュール・手順と全体の流れをご紹介します。 会社設立のスケジュール詳細はこちら

顧問税理士とは?

会社を設立して事業をはじめると、お金や商品などいろいろなところで動きが発生します。

ある程度売り上げが確保できてくると、考えなければならないのが節税対策。ただ、税に関する専門的な知識がない人がほとんどではないでしょうか?

そこで、税金の基礎知識について説明しながら、ラクに節税するコツを紹介します。税金の種類や節税できる事例を挙げながら、ラクに確実に節税できる顧問契約について説明します。 顧問税理士とは?の詳細はこちら

関連記事一覧

ご相談・ご質問など、お気軽にお問合わせください。