特集

会社設立の基礎知識

会社設立には、あらかじめ決めておくことがたくさんあります。

事前に十分な情報収集を行い、ご自身で整理することが重要です。

これから会社を設立する方も、個人事業主から法人成りをお考えの方も、法人のメリットをよく理解してから設立することをおすすめします。法人には、個人事業主では得られないメリットが複数ありますが、一方ではデメリットもございます。

会社を設立するにあたって準備すること、法人の種類・メリット、設立するための手続きなどをご紹介いたします。

会社設立の事前準備

会社を設立する時には税理士に頼むにしても、自分で設立の手続きをするにしても事前に準備することがあります。

社名はどう決めるのか、理念はどうするのか、資本金として準備する額は?

決めなければならないことは多岐にわたります。

会社設立する前に事前に準備する項目を、チェックリストと共に解説いたします。事前準備をするにあたってお困りの点は、きわみ事務所までお気軽にお問い合わせください。 会社設立の事前準備

会社設立するメリット・デメリット

起業して会社設立というと、とても大変なことをするイメージがあるかと思います。

実は、法人化することで、信用を獲得できたり、税金対策ができたりなど、メリットがあります。

一方で、法人化をしない方がいいケースもあります。ここでは会社を設立した方がいいときと、悪いときをご説明いたします。また、会社設立のタイミングを見極めるポイントもあわせて紹介。もしかしたら、あなたはもう法人化した方が得かもしれません。 会社設立のメリット・デメリット

会社設立チェックリスト

会社を設立しようと思っても、何から手をつければいいかわからない。

そう思っている人も多いでしょう。

そもそも会社名はどうやって決めればいいのかわからない人もいるでしょう。実は、社名にも一定のルールがあったりします。また、会社運営の土台となる企業理念についても、しっかりと固める必要があります。

そこで、会社設立を決めた際に、まずやるべきことについてご紹介。「会社名」「企業理念」「会社ロゴ」を事前準備項目とし、各項目を決める際のポイントと注意点について説明します。 会社設立チェックリスト

会社の種類

会社を設立するとなると株式会社を思い浮かべる方が多いと思います。

実は合同会社を設立するという手段もあり、年々増加しています。

合同会社を設立した方が安くできたり、資金面で得したりするなど、運営面でメリットも多いです。株式会社と合同会社の違いも含めて、具体例を交えて解説いたします。

また、各種類の会社の特徴やメリットを、さらにどんな方に向いているのかも簡単にご紹介します。 意外と知らない会社の種類

会社設立の専門家

会社設立する際にどこにお願いしてよいか分からないという方も多いと思います。

会社設立は人生の一大事です。また、時間と手間が大きくかかってしまう側面もあります。

本来取り組むべき事業がおろそかになってはいけません。そこで、専門家に作業をお任せするという選択肢があります。

ただ、会社設立をお願いするのは弁護士なのか司法書士なのか、税理士と会計士では何が違うのか、わからない人も多いでしょう。そこで、各専門家のできること・できないことを解説いたします。 会社設立の専門家の選び方

会社設立と社会保険

会社を設立したら、次に考えなければいけないのが保険のこと。

保険といっても、今まで会社員の方にとっては、給料から天引きされるもの、というイメージだけで、その仕組みを考えたこともないかもしれません。

しかし、共に働く社員のためにも、保険に加入することは必要であり、会社の責任です。ここでは、そもそもなぜ保険に入る必要があるのか? ということから、保険の種類まで解説していきます。 会社設立と社会保険

設立と創業の違い

会社設立、節税、補助金。

起業にまつわる言葉は、普段の生活では耳にしない言葉が多いですよね。ビジョンを持っていても、起業にまつわる知識を日々学んでいることと思います。

そんななかでも、特に紛らわしいのが、会社の「設立」と「創業」。似た言葉ですが、実は意味が明確に異なるのです。

今回は、そんな会社設立ならではの言葉やルールをいくつか解説します。 設立と創業の違い

会社設立の用語

会社を設立するにあたり、正しい知識を身に着ける必要があります。例えば、「資本金」「発起人」「株式発行」「取締役会」という言葉。一度は耳にしたことがあっても、細かい内容まで把握している方はそう多くないのではないでしょうか?

そこで、今回は「資本金」「発起人」「株式発行」「取締役会」について、正しい知識と位置づけについて解説していきます。

そのうえで、会社設立の申請に重要な「会社の所在地と連絡先」「会社設立日と事業年度」「会社の銀行口座の開設」「会社設立登記の申請」もご紹介します。 会社設立の用語

会社設立時の資本金の決め方

現在は会社設立の際に必要な最低資本金額は1円と決まっています。しかし、実際に資本金1円で会社を作ると経営面で問題が生じます。

では、本当に必要な資本金額はいくらでしょうか?

業種によって大きく異なりますが、事業を継続することを考えると理想的な資本金額は300万円~1,000万円未満といわれています。会社設立時の資本金の決め方をご紹介いたします。 会社設立時の資本金

起業後の資金調達方法

起業した直後に最初に立ちはだかる壁として資金調達という問題があります。

資金調達の方法を知らない人にとっては大きな悩みになっているはずです。

自己資金では足りない資金をどうやって調達するのか、資金調達の方法をまとめております。 起業後の資金調達方法

関連記事一覧

コンタクト

ご相談・ご質問など、お気軽にお問合わせください。