INTERVIEWインタビュー

スタッフ T.H

ベンチャー立ち上げを経験した税理士から学びたい

きわみ事務所に応募した理由はなんですか?

正直に言ってしまうと、最初は家から近くて、出勤時間が遅めで、早く帰れそうな会社で、給料が前職と変わらないくらいのところがいいな、と思って応募しました(笑)。それを正直に面接でいったら採用してもらえて…(笑)。

求人票と実際のギャップはありましたか?

なかったですね。求人票とのギャップではないですが、最初にホームページを見たら、先生が眼鏡をかけていて堅苦しそうだなと思ったんですね(笑)。でも実際は最初からフランクに話してくださって、働きやすいかなぁーとは思いました。

面接で印象に残ったことはありますか?

宮崎先生は税理士資格をとられて開業するまでの間に、ベンチャー企業の立ち上げに携わり、経営者の方の苦労や悩みを体験してから税理士事務所を開業したそうなのですが、面接でその話を聞いたときには驚きました。税理士を普通にやっているだけじゃ、企業の立ち上げというのは経験できないものだと思うんですね。その話を聞いて、自分がきわみ事務所で働いていく中でその経験をフィードバックしてもらったり、事務所自体も立ち上がって間もないので創業期の空気や経営者目線というものを体感できたりするのかな、と思ったのを覚えています。

ストレスフリーな事務所で働きやすい

今まで経験されてきた事務所と、きわみ事務所の違いはありますか?

過去2つの事務所を経験していますが、税理士資格をとって威張りたいって人が多かったんですよ。そういう人が上にたつと威張りがちで、ストレスも大分抱えてきていたので、そういうのはもう嫌で…。きわみ事務所は本当にストレスフリーです。

あとは、仕事をする上で「ほう・れん・そう」ってありますけど、それって報告しても何もフィードバックがなかったら、したくなくなるじゃないですか。事務所によっては上司に気に入られないと聞いてもらえないし、聞いてもらえないから評価も上がらないこともある。きわみ事務所では、「ほう・れん・そう」することによって仕事へのヒントや解決策が貰えることが多くて、他の事務所とやっている仕事の内容自体は同じでも、仕事の質が全く違うんです。

きわみ事務所の良い点はなんですか?

僕は子供が小さくて、早く帰りたいというのがあって…。そういうときに先生がよく言ってくださるのが、「仕事をちゃんと終わらせていれば残業はしなくていい」ということ。なので、早く帰って文句を言われたことはないです。そこはとてもありがたいですね。

あと、良い意味で人間関係に距離感があること。近すぎないので変な派閥があったり、陰口があったりっていうことがなく、みんな大人です(笑)。

お客様に尽くすことが自分の力になる

きわみ事務所の今後の課題はなんですか?

やっぱりまだできたばかりの事務所なので、体制を整えきれていないところはあると思います。経験者の方がたくさんいるわけではないので、せっかくいただいた依頼もすべてお受けすることができない状態ではあります。これからもっと経験者の方が増えて、未経験の方にもっとペア制以外でも教える体制が確立していけたらとは思います。

社内で尊敬できる社員はどなたですか?

MKさん。業界が長いと偉そうにしがちですが、そういうところは全くなく、かといって間違っていることは間違っていると感情任せにせずいってくれる。素晴らしい人ですね。

スタッフ MKのインタビューはこちら

どんな人と一緒に働きたいですか?

自己中心的でない人ですかね。成長したい気持ちはわかるんですけど、そればっかりだとお客様のためにならない。自分のことばっかりになってしまうんですよね。逆にいうと、お客様のためを考えて動いていくことで、自分の力が追い付いてくるようになる。人を思いやることが、お客様からの感謝に繋がって、結果として色々な仕事が回ってきて、最後に自分の力になると思うので、そういう考えのある方に入ってもらえたらと思います。

ENTRY
エントリー
エントリー