INTERVIEWインタビュー
    

代表税理士 宮崎 慎也

実体験からなる企業理念は、徹底した『経営者目線』

きわみ税理士事務所の理念ってなんですか?

『経営者目線』というのが基盤としてあります。
常に経営者(お客さん)目線で提案していける事務所であり、それが目指す方向。

ご自身が会社経営に携わったご経験があるって本当ですか?

本当です。僕はずっと会社経営の一通りを経験してから自分の税理士事務所を立ち上げたいと思っていたんです。
やはり経験したからこそお伝えできることもありますし、経験しているか、していないかで言葉の重みも違ってくるじゃないですか。
そういった意味でも、経営を軌道に乗せる動き方を肌で感じることができたことはとても大きく、今の礎になっていると思いますね。

自身のご経験があっての『経営者目線』なんですね

そうですね。事務所のスタッフにも、経営者がどんなことを考えて、何に困っているのか、僕を経営者のモデルケースとして考えられるように、今までの経験や自分の考えを共有するようにしています。
「宮崎がこんなことで困ったといっていたから、このお客さんも同じことで困っているかもしれない」そういう風に考えてもらえたら、と思っています。

お客さんのために『今じゃなくてもいい』ってことをやっているのがいい

フラットに意見が言い合える事務所

きわみ事務所ってどんな事務所ですか

この業界に限らず「上が絶対」という組織もあると思うんですが、うちの事務所にはそういうのはないですね。
とにかく、経営者目線でお客さんのためを考えての行動をとってくれれば、それでいい。採算をあわせるのは代表である僕の仕事だから、利益とか採算とか気にしないで、お客さんのために自由に意見をだして、自由に行動してほしいですね。
そういう意味で、きわみ事務所はフラットに意見が言い合える事務所です。

お客さんのための行動って例えばどんなことですか

色々ありますけど、なんにもないけど連絡するっていうのは大切だと思いますね。それこそ自分の恋人を想うようにじゃないですけど(笑)。この業界だとそういうことをする人はほとんどいない。「契約があって」「決算について」「税務申告について」っていう決まったルートしかないんですよ。
僕は、なにもないところから信頼関係につながっていくと思っているので、決まったルートから外れた、そういう活動を広めていく代表税理士でいたい。

いま、社員に対してその活動は広めていけていますか?

広めていけたらいいなとは思っていますが、なかなか難しいです(笑)
でも、社員が「誕生日おめでとうございます!」とお客さんに電話をしているところを見たときはうれしかったですね。
今日やらなければならないことだからやっている、っていうのを見るのは嫌なんですよ。お客さんのためを考えて今じゃなくていいだろってことをやっているのがいい

徹底したお客さんに寄り添う姿勢がお客様の紹介にも繋がっているんですかね?

そうですね。おかげさまで、お客さんがお客さんを紹介してくれることも増えてきました。
ただ、ここで勘違いしてほしくないのは紹介してもらった=合格ではないってこと。

目指す合格点とは?

税務とか労務とか法務とかそういう、本業以外の会話をどれだけたくさんお客さんとできたか、してもらえるかだと思います。

なにもないところから信頼関係に繋がっていく

どんな方に入社してほしいですか?

「今の価値観や現実を変えていきたい」、「理想とのギャップを埋めたいと思っている人」に入社してほしいですね。税理士資格をとって、今までどこかに務めてきたか独立したことがある人で、今転職活動をしている人って何かしら上手くいかなかった理由があるんじゃないかなと思うんですよ。

例えば、科目はもっているけれど「仕事に忙殺されて税理士資格は諦めてしまった人」なんかもそうで、長く続ければ続けるほど選択肢が狭まって働き方のゴールが見えなくなってきてしまっていると思うんです。僕自身、会社員として働きながら資格取得をしたので、仕事と勉強の両立がいかに大変かはよくわかります。そういう人たちに、今までと違う働き方や可能性を提供していけるのがきわみ事務所・きわみグループだと自負しています。

今までと違う働き方とは?

ひとつは、設立から日が浅いお客さんの1から10まで担当できて、税務に限らず広い分野に取り組めるところ。
もうひとつは、きわみでは未経験者と経験者同士のペア制を導入しているので、未経験者が営業としてお客さんと接して経験者がバックサポートする形をとるなど、自分たちにあったスタイルで働けるところは他の士業事務所にはない部分だと思います。

そして、きわみ事務所は他の士業事務所とは違って決まった繁忙期というものがありません。年間を通して残業時間が月平均10時間以下と少なかったり、フレックスタイム制があったり、働き方を変えることによってプライベートも充実させていけるんです。

他にもこれから挑戦しようと思っていることがたくさんあるんですけどそれはまた面接で聞いてください(笑)
とにかく、そういった意味で今までとは違う働き方を提示してあげられるのかなと思っています。

「人」があってはじめて事務所の拡大につながる

今後のきわみ事務所についてはどうお考えですか?

今後は、新しいスタッフや新しいお客さんを含めたいろいろなところを広げていきたいと考えています。
きわみ事務所はとにかく「人」ありき。むやみやたらに担当を増やして中のスタッフに負担をかけるようなことはしたくない。まずは基盤やスタッフの拡大。それがあって初めて、事務所の拡大につながると思っています。

そこまで人を大切に思えるのは何故ですか?

僕は、社長がワクワクするような会社経営をしてほしいと思っていて、その手助けをするのが僕たちだと思っているんです。自分も会社経営に携わっていたからわかるけど、経営って本当に大変。だからこそ、初心にはあったはずの「会社経営の楽しさや面白さ」を、自分たちが寄り添っていくことで思い出してもらえたらいいなと思って(笑) そう思ったときに、人の気持ちをわかっていないと寄り添うこともできないじゃないですか。
だから僕は人と接するときは相手のことを観察して何を求めているのか、すごく気にするし応えようとするんです。それが結果として人を大切に思うことに繋がったんだと思います。

ENTRY
エントリー
エントリー